6月 21

配合されている成分

ダメージヘア用シャンプーとして適切な商品では髪と頭皮にとっていい成分が配合されています。具体的にはどういった成分が配合された商品が望ましいのでしょうか。まず保湿成分が多く配合されている必要があります。植物成分で髪や頭皮に潤いを与えるものを複数配合している商品を使用すれば、髪の乾燥を改善していくことができます。もちろんシャンプーの目的は髪と頭皮の汚れを除去するものですから、極端に乾燥を改善することは難しいですし、トリートメントを併用しなければなりません。しかし髪内部の栄養が逃げやすい状態では保湿成分が配合されているシャンプーでダメージを髪に与えないようにしなければなりません。

ダメージヘア用のシャンプーにはキューティクルを保護する成分を含んでいるものがあります。この成分ははがれそうなキューティクルを整え内部の栄養が逃げないようにしていくことができます。この成分を含む商品を毎日使用すれば髪のパサつきや枝毛などに対して効果を期待することができます。

ダメージヘアに効果のある成分を含んでいるシャンプーを毎日使用すれば髪の状態を改善していくことができます。そのため、髪がまとまらなかったり、髪の乾燥がかなり進行していたりする場合には特にこのタイプの使用をおすすめします。

このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket

6月 16

正しいシャンプー選び

パーマやヘアダイ、紫外線などによってダメージを受けてしまった髪はダメージヘア用のシャンプーを使用して、髪の汚れを優しく落としながら髪にコーティングを行っていくようにしなければなりません。今ではいろんなシャンプーが販売されていますが、中には乾燥をより進行させてしまうので、そういった商品の使用は避けなければなりません。

ダメージヘア用のシャンプーとしてまず使用されている洗浄成分がアミノ酸系を採用しているタイプを選択しなければなりません。アミノ酸系の洗浄成分は汚れだけを優しく除去しながら髪と頭皮に必要な潤いまでを取り去ることがありません。反対に硫酸系や石鹸系の洗浄成分は洗浄力がハードなのでより髪にダメージを与えてしまうこともあります。ですからアミノ酸系の洗浄成分を使用しているダメージヘア用のシャンプーを選ぶことが大切になります。

また髪を保護する成分として保湿成分やコーティング成分が配合されているものを選ぶと傷んだ髪の状態を改善していくことができます。またシャンプーをする際には優しく泡立てて汚れだけを除去するようにしなければなりません。傷んだ髪を激しくこするようにすると痛みが進行していくので気を付ける必要があります。

このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket

6月 14

傷みやすい髪

パーマやヘアダイをすると髪に大きな負担を与えてしまいます。また夏にプールを長時間行ったり、マリンスポーツを楽しんだりと強い紫外線で髪の表面が徐々に傷んでいってしまいます。ダメージを受けた髪は表面を覆っているキューティクルがはがれていき、内部の栄養分が外に逃げて行ってしまいます。キューティクルははがれたままなのでどんどん栄養が逃げてより一層髪の乾燥が悪化していってしまいます。

パーマやヘアダイをして傷んだ髪は栄養を外から補給していくことが必要になります。またキューティクルの保護を行って栄養が逃げてしまうのも防止しなければなりません。そのためにはトリートメントが必要ですし、同時にダメージヘア用のシャンプーで髪を優しく守りながら汚れを除去していくことも大切です。髪はダメージを受けやすく、また一度ダメージを受けたら改善させるのも時間がかかります。ですからトリートメントや専用シャンプーでケアをしっかりと行っていく必要があるのです。

シャンプー後にはドライヤーの使用も気を付けなければなりません。ドライヤーの熱風はキューティクルにダメージを一層与えてしまうので、短時間で髪を乾かすようにしなければなりません。髪を乾かしたあとに乾燥が進行していれば、流す必要のないトリートメントを併用することも場合によっては必要になります。

このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket

6月 13

傷んだ髪用シャンプー

それぞれ人によって髪質は異なるものです。健康的でつやのある髪質の方ばかりではなく、パーマやヘアダイをした場合、またマリンスポーツなどで紫外線によってダメージを受けてしまった髪質もあります。こういったタイプの場合には一般的なシャンプーでは髪の乾燥は進行してしまう恐れがあります。また枝毛ができたり髪がまとまらなくなってしまったりすることもあります。そのため専用のシャンプーで髪の状態を改善していくことが必要です。

パーマやヘアダイ、紫外線でダメージを受けてしまった髪はダメージヘア用のシャンプーで改善をしていくことが必要になります。このタイプのシャンプーではまず洗浄成分としてアミノ酸系を使用しています。これは洗浄力がマイルドで髪と頭皮にとって必要な潤いまでも除去することがありません。洗浄力がハードなものとしては以前からよく使用されている高級アルコール系や石鹸系などが挙げられます。これらは髪や頭皮に必要な潤いまでも除去する恐れがあり、乾燥がより進行してしまいます。ですから傷んだ髪はアミノ酸系の洗浄成分を使用した商品が合っているのです。

傷んだ髪を修復する成分や保湿成分が専用のシャンプーには配合されています。複数の成分が配合されていればより一層髪を健康な状態に改善していくこともできるものです。ですから効果的な成分を多く含む商品を積極的に選んでいくことも必要です。このサイトではダメージヘア用のシャンプーについて、またその効果などについてお伝えしています。枝毛や切れ毛などで悩んでいる方も参考にしてみてください。

このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket